ニキビと食べ物

ニキビは食べ物と密接にかかわっています。

食生活に気をつければニキビも改善されます。

食生活は野菜中心のメニューに変えて、なるべくビタミンやミネラルを摂取しましょう。
野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消という観点でも、ニキビの改善につながります。

皮脂 抑えるには、ザクロが効きます。にきびはホルモンバランスの均衡がとれない時や肌の古い細胞と新しい細胞の入れ替えがうまくいかない時に、できるのです。ザクロの効果には、余分な皮脂が出る原因になる男性ホルモンが出るのを抑制し、肌のターンオーバーを促進させる成分がたくさん入っているため、根本的にニキビを改善することが可能なのです。実は顔以外のところで、思わぬ場所でニキビができやすいところは実は、背中。

背中は自分で見えないので、背中にニキビができても、気づかないことも多くあります。それでも、背中のニキビもケアをしっかりしなければ跡になってしまいます、注意してください。
昔からニキビの跡としてよくある例が、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌が黒ずんでしまうことです。

クレーターの問題は専門知識をもった皮膚科で診察を受けないと解決しませんが、黒ずみに関しては美白化粧品で時間をかけて薄くする事ができるのです。

なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、お肌の乾燥があります。原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と驚いている人も少なくないかもしれません。当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつとなっているのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それがもとでニキビができてしまうのです。
ニキビが炎症を起こしてしまうと、洗顔の際などに少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。

ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、どれほど気になったとしても指で触るのは絶対にやめてください。触ってしまうと痛いだけでなく、雑菌が指から入ってしまい、ますます炎症がひどくなります。
ニキビ予防を行ったり、出来たニキビを治すには、バランスの良い食事を摂取することが大切です。
特に野菜を多く摂っていくことは極めて大切なことです。野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているから、そういったことを意識して摂ることが一番良いのです。